御坊日高の魅力

御坊日高は世界の中心?

2016年11月15日

超古代 世界の中心だった(かもしれない)三国山

三国山と富士山、ナスカの地上絵を結ぶ直線の謎

私の地元和歌山県日高平野の東に「三国山」という山頂に巨石がある不思議な山があります。

 

三国山 巨石

この三国山山頂の巨石「三石岩」は世界中の謎の古代遺跡とリンクしているようなのです。

最近グーグルアースで地球の球体上の任意の2点間に正確な直線を引けるようになりました。
このグーグルアースで地球上の2点間の関係を調べたところ、
南米ペルーの「ナスカの地上絵」と「三国山の三石岩」を結んだ直線は、
「富士山山頂」を通っているではありませんか!!

 

グーグルアース ナスカ地上絵

グーグルアース 富士山

 

 

三国山山頂の「三石岩(別名:雄岩)」の近くに「雌岩」という巨石があります。
地元の伝説ではこの「雌岩」はもともと山の麓にありましたが
山頂の「三石岩(別名:雄岩)」に恋い焦がれて山頂まで登って行ったとされています。

私は、この伝説を聞いて、
超古代人が「三石岩」と「雌岩」をなんらかの方法で三国山の山頂に持ち上げ現在の場所に設置したのではないか
と思うのです。

 

そして「三国山」の山頂は超古代に世界の中心というべきな特別で神聖な場所だったのかもしれません。

↑PageTop