御坊日高地元情報発信ブログ

地元企業研究会の活動報告!

2018年7月19日

雇用のミスマッチをなくすため、我々は立ち上がった!

 

御坊日高地方には、御坊日高地区雇用対策協議会という団体があります。
その中のワーキングチーム「地元企業研究会」が立ち上がって、今年で4年めになります。
月に一度、地元企業、商工会議所、日高振興局、市町、高校高専、ハローワークが集まって、
都会へ進学した子どもたちが地元へ戻ってくれるように、地元で就職したい人と働き手を求める地元企業が
うまくマッチングできるように、4つのチームに分かれてさまざまな試みを進めています。

 

 

 

雇用対策チーム!

年に一度行われる「日高地方Uターンフェア」のサポートと、御坊日高地元情報発信局という
ウェブサイトの運営を担当しています。

来る8月4日のUターンフェア会場では、求職者の方の緊張をほぐす「キャリアカフェ」や、
就活生の保護者向け相談窓口を開催。
働きたい人と地元を支える企業とのマッチングをサポートします。

 

 

次世代育成チーム!

明るく強い地域をつくるには、子どもたちが小さい時からの教育が大切と考えています。
小学生親子を対象とした「親子で企業探検ツアー」を実施したり、県立高校での企業説明会や先輩講話、
和歌山高専や紀央館高校の文化祭に「地元企業ブース」を出展するなど、
子どもたちが地元にいるうちに、企業のこと、地域の取り組みなど知ってもらうための活動をすすめています。

参加児童募集チラシ(紀鉄・恵和校正後)のサムネイル

 

 

会員交流チーム!

御坊日高の広い地域で連携するために、顔を合わせる機会を増やし、強い横のつながりを
つくりたいと思います。
会員企業の経営者や従業員が入り混じってのスポーツイベントや、講師を招いての勉強会など企画します。
地域連携のために、懇親会も大きな役割を果たしています。

 

 

 

運営チーム!

地元企業研究会の縁の下の力持ち。
自分たちの活動に共感してくれそうな地元の企業に働きかけたり、
会員企業のためになる催しを考えたり情報を集めたり。
子どもたちが減り、若者が都会から帰ってこない現状を憂う阪本会長を中心に、
白熱した運営会議を重ねています。

 

 

 

日高はひとつ‼

この地域を訪れるひとたちには、行政の管轄など関係ありません。
御坊日高の民間も行政も教育機関も、みんなが力を合わせていくことが肝要だと考えています。
私たちの歩みは遅いですが、試行錯誤しながら未来へつながる活動をこれからも続けていきます。

 

 

 

↑PageTop